本当の女性の美しさって一体何なのでしょうか?

日本では、女性は若い方が良いと思われる風潮がありますね。
特に男性からの評価なのですが、
可愛さや美しさという点においては、価値があるのは20代前半まで。
芸能人、女優さんですら30代になると「もうそんな年?」と思われてしまいます。

でも、外国の女優さんなんかは年を取ってもセクシーだし、 男性やメディアの扱いも、日本とは違うような気がしますね。

外国では若い女性よりも、 ある程度経験を積んだ女性の方が、
ステータスが上のような感じすらしますが、
日本では、やはり若い女性の方が希少価値があるように思われています。

確かに、若い女性の方が見た目はキレイです。
肌もハリがあって瑞々しいし、シワなんてどこを探してもないでしょう。

見た目の美しさというのも大切だと思います。

そうした美しさの必要性は分かるのですが、
「見た目の美しさがすべて」だとすれば、
年齢を重ねていく女性にとって、つらい事ですよね。

女性の本当に美しさって、何なのでしょうか?

性格ブスという言葉もありますが、
やはり外側だけきれいに着飾っても、
中身が伴わなければ本当に美しいとは言えないと思います。

外側の美しさは、やがて枯れる日が来るけど、
その後に現れるのは、内面から出るその人の生き様です。

あの有名なマザー・テレサを思い出してください。

しわくちゃのお顔が、しわくちゃなのに美しいと感じますよね?

博愛の精神と強い信念を持った生き方は、素晴らしく美しいと思います。

女性の本当の美しさというのは、
若さから来る美貌だけでなく、内面の美しさなのです。

では、どのようにしたら内面を美しくできるのでしょうか。

色々方法はありますが、 まず、自分よりも人の事を考えること。
不平や不満を言わず、人を羨んだりしないこと。

それから、自分を好きになって、 毎日を生き生きと過ごすことです。

簡単なようで難しいことかもしれませんが、
それでこそ、本当の意味での美しさが追求出来るのです。

ファッションやメイクで着飾るのも良いのですが、
年齢を重ねてもキレイでいたいと思ったら、
内面を磨くことも忘れてはいけないでしょう。

 

 

最近、「私やっぱり年をとったな。。」と感じる瞬間・・・

今の時期は、季節の変わり目のせいか、
体調を崩している人が多いみたいですね。

私もこのところ身体がだるくて、
風邪気味のような症状が続いています。

若い時は風邪を引いても、
しっかり寝ると次の日にはもう治っていたりして、
無理する事もできたのですが、
最近は風邪を引いても治るのが遅く、
ふと「年を取ったなぁ~」と思ってしまいます。

皆さんは、どんな時に「若い時と違って年を取ったなぁ」と思いますか?

「年を取ったなぁ~と感じるとき」って、女性と男性で違うと言われていますね。

男性は、精力の衰えも含めて体力の減少が、
一番年齢を感じてしまうそうです。

若い時は、飲み会などで夜遅くなったりして、
睡眠時間が少なくても平気だったのに、
ある頃から、寝不足の翌日はフラフラしてしまうようになるとか。

お酒が強かった人が「弱くなった」と感じるときも、
年を取ったなぁ~と思ってしまうみたいですね。

一方、女性は外見の変化によって加齢を実感する人が多いそうです。

年齢を重ねることによって、
悲しいことに、誰でも肌は老化していきます。

若い時はハリがあって、キレイだった肌。
でも、だんだん目尻のシワやほうれい線、頬のたるみ、くすみ、シミなどが出来てきてしまいます。

私も、自分ではそんなに変わってないつもりなのに、
ふと鏡を見た時に「あれ?私こんな顔してたっけ?」と幻滅してしまうこともあります。

若い時と比べて、化粧のノリが悪くなっているし、
肌のトラブルも起きやすくなりました。

体重はそんなに変わってないのに、
スカートのウエストサイズが大きくなってきたりしているので、
体型も変化しているのだと思います。

顔や体型の変化、体力の衰えなど、
あえて気付かないふりをしていますが、
やっぱり年齢は確実に人を変えていくようです。

やっぱり人間、年を取るのは仕方ないけど、
例えば体型の維持とか、センスを若く保つとか、
体力が低下しないように運動するとか、
出来る事は頑張っていかなきゃ・・・と思いますね。

 

エステに行かずに家で脱毛することにしました!

夏は終わってこれから冬を迎えようとする今の季節。
肌の露出機会はめっきり少なくなってきましたが、私は肌の念入りなチェックを欠かしたくはありません。

やっぱり、人間油断をすると必ずボロがでるものです。
見えないからいいや・・って考えてしまう人もいますが、私は人に見られるからどうこう、
ってことより自分自分常に完璧でいたいと考えているのです。

分かってくれますか?

春先とか夏場とかってやたらと脱毛サロンに通う人はいたけど、
この時期になったらメッキリ少なくなりますよね。

それって「もう見えないからいいや!」

って思っている証拠なんじゃないでしょうかね。

ということで、私はこれからもムダ毛の処理を欠かしません!

エステに通ったこともあるのですが、とにかく面倒くさくて仕方がありませんでした。

それに、店員が毎回毎回違うプランとか痩身とかも勧誘してきたりして、
断るのが本当に面倒ですよね。

毎回断っているとなんだか悪いことをしているかのような錯覚さえ覚えてきます。

ということで、私は家で脱毛することに決めました。
家庭用脱毛器っていろいろありますが、私が選んだんのはケノン!

自宅で永久脱毛しました!失敗しない永久脱毛機はコレです!
このサイトにも書かれてありますが、やはり一番コスパがいいのがケノンなのです。
78000円という価格は私にはちょっと高かったですが、それでもエステに通って何十万円も払うより全然いいですよね。

他にもいろいろ脱毛器はあるようです。
5万円以下で購入できるものもあるようですしね。

ただ、やっぱりモノを購入するときは長い目で見てどっちがお得かってことを常に考えながら購入しなければならないです。

糖質ダイエットを始めました!

ここ最近、暑い日が続きますが、こうも暑いとついついビールをガブ飲みしたくなってしまいますよね。
私も例額なくビールを毎日飲んでいるのですが、そうなると気になるのが体脂肪。

いつのまにかぽっこりした腹になってしまいました・・・

これはいかん!痩せなければ!

と思ったのですが、なかなかそう簡単に痩せれるものでもないですよね。
そこでダイエットを始めることにしました。

私が取り組んでいるダイエットが炭水化物カットダイエット。

炭水化物を極力とらないことで自然に体脂肪を落とす作戦です。
基本は米。ゴハンをたべるのをやめて夜はビールとつまみ。

これだけでもかなり痩せるのではないでしょうか!

日本人の7割は仮性包茎です。

男性にとって下半身は非常に重要!
ですが、きっちり包茎治しているって人がいないのが現実なのです。

海外とかですと小さい子供のときに既に割礼といって
包茎を治すことが習慣化されている国とかもあったりするのですが、
そういう意味では日本はまだまだ遅れています。

遅れている理由の一つに保険が適用できないってこともあったりするのですが、
男性からの意見として包茎の治療、手術には保険が適用できるようにすれば
いいのではないかなって思ったりします。

包茎手術で保険が適用できるのが基本的には、
真性包茎のみって言われていたりします。

日本人の7割である仮性包茎には残念ながら保険が適用できないのですね。
これは絶対見直したほうがいいとおもいますよね。

仮性包茎でも皮をかぶったままですと衛生的にもよくないですし、
それをコンプレックスに感じている人もいるようですからね。

【包茎手術ランキング】失敗しないオススメ人気のクリニックを厳選!

↑クリニックによって包茎手術の値段はイロイロですが、上記のサイトなどを参考にして、
ぜひ包茎を治すようにしたほうがいいですよ。

泌尿器科かクリニックどちらを選ぶべきかという議論もあったりしますが、
私個人的には絶対クリニックにしたほうがいいと思います。

包茎手術のみを専門的に行っていますからね。
手術痕もキレイですし、後遺症などもなくていいのです。

ハゲるか、ハゲないかもどれだけちゃんとアミノ酸をとっていたかによる!

肉は体にはよくないから、あまり食べない方がいいよとかいう人もいますが、実際には肉は体にもいいものです。

君も少しは肉を食べたらいいのにね。

肉は体にはよくないと思い込んでいたら、悪影響じゃ。

髪の毛の健康にも、肉は大事のようです。

あまり肉を食べないと、アミノ酸が摂取できないからはげてしまうのです。

自分ははげたくないから、肉は食べない方がいいとか思いこんでいましたが、肉は食べたらいいということはうれしいです。

肉にもアミノ酸とかタンパク質とかのいい成分があるので、髪の毛のことを考えたらいいのかもね。

でも、友人の肉好きのやつがはげてきたから、本当に肉が体にいいものなのかが分からないものです。

その辺は、謎です。

要するに、どんなものも過不足なく食べたらいいのでしょう。

食べ物をどんなものを食べているのかは、体には大きく影響があるのです。

体に良くないものを食べたら、髪の毛がはげてしまうこともあると聞いたので怖い。

髪の毛がはげたら、人生でもおいしい思いをできなくなってしまう感じなので、自分も髪の毛がはげないように、ケアーは入念にやっていかなくてはならないなと考えています。

肉も魚も野菜も食べて、髪の毛を守っていきたいです。

自分が好きな酒も髪の毛の健康を考えたらよくないと聞いたから、まずは自分が好きな酒をやめて、はげないようにしていかなくてはならないのかもしれません。

今から、できることはやっていきます。

コラーゲンが減ってきたな・・・と思う瞬間!

体が痛いから、嫌だな。
自分ももう若くはないから、体のことにも気を使っていかなくてはならないのでしょう。
若いことはいいことだ!
痛いのは膝です。
少し歩いても、膝が痛いから歩きたくなくなるのです。
年中、タクシーに乗っていますから、金がないよ!
膝が痛いのは、コラーゲンが足らなくなったらしいのです。
コラーゲンは女性のお肌のケアーに使うものと思うのですが、実は膝の健康にも大きく関係をしています。
コラーゲンは、肉やすっぽんにたくさん入っています。
食欲もなくて、肉なんか食ってないな!
金もないし、うまい焼肉なんかまったく食っていない。
コンビニ弁当やそばやうどんで済んでいますから、こんな食生活はよくないよね。
若かった時のように、肉も食いたくない。
食事に気を付けないと、体からはどんどんコラーゲンはなくなってしまうのです。
たまには、肉を食うかな?
金があったら、肉も食いに行かれるけれども、貧乏だから、そばで十分だ!
よくよく考えたら、自分の体の中はよくない環境になっているように思います。
困ったな。
金が入ったら、焼肉でも食いに行くかな?
子供の時なんか、肉が好きで3食肉でも飽きなかったのに、今はダメだね。
コラーゲン補給を今後気にかけてみます。
女性だったら、お肌のケアーできれいになりたいから、コラーゲンを補給をするのでしょうが、自分のように、膝が痛いからコラーゲンを補給するのは爺クサくて切ない気分になってしまうよ。

明治維新による肉食が日本人の寿命を延ばした!

明治維新って産業の面での革新が取り立たされているけど、
もっと革新的だといえるのが食生活の変化ですかね。

それまで日本人は穀類を主食とする食生活をメインにしていましたからね。

それが一変!

明治時代になって肉を食べるようになって日本人の寿命は飛躍的に延びたんです。

肉ばかり食べているとカラダに悪い!ってよくいわれていますが、
逆に肉を食べないことも実はそんなにカラダにいいわけではないのです。

ベジタリアンとか、肉を全く口にしない人っていたりしますが、そんな人が
長生きするかといえば決してそうではないのです。

なぜでしょうか?

答えを追求するとそこにはアミノ酸というものが密接に関わっているのです。

「アミノ酸?」

それと肉ってどういう関係があるの?

って思っている人もいるかもしれませんが、アミノ酸についてちゃんと勉強したことが
ある人であればよく分かると思います。

アミノ酸というものは、必須アミノ酸と非必須アミノ酸という2種類に分類されるのですが、
そこで重要になってくるのが必須アミノ酸。

これは体内で合成できないのですが、人間に必要不可欠の成分なのです。